2020/11/02

水質の授業を行いました

2021.08.02_2020hotarusuishitsu1.jpg

大里研究所では、ホタルの里づくりプロジェクトとして、昔この辺りではよく見られたホタルが飛ぶ光景を後世に残せるよう、ホタルの保護活動に取り組んでいます。
10月7日、大野町立北小学校4年生の児童を対象に、今年2回目となるホタルの授業を行いました。

今回は『水質』をテーマに、水のキレイさについて見た目やにおいなど『ヒトの五感を使った水質検査』と、川の中に「どんな生き物」が「どのくらい住んでいるのか」を調べることによって、河川の水質を調べる『水生生物による水質調査』の勉強をしました。

まず、教室で『石鹸水、油入りの水、水道水、川の水』それぞれの水が入ったペットボトルを使い、振って中の様子を見たりして水のキレイさを調べる方法を学んだ後、北小学校横の川に移動し、実際に流れる川の水を汲んで子供たちと一緒に水質検査を行いました。
『五感を使った水質検査』では、みんなそれぞれの五感を一生懸命に使って水の様子を観察しており、『臭い』、『何も匂わない』、『川にゴミが浮いている』、『キレイ』など、多くの意見を聞くことが出来ました。

水質検査後には、水生生物を捕まえ、どんな生き物がすんでいるか水質調査を行いました。
例年、水生生物採集の授業は6月に行っていますが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、10月の実施に変更になり水温が低いため生き物が捕れるか心配でしたが、子供たちが元気に探してくれたおかげで、短時間にとても多くの水生生物を捕まえることが出来ました。
集計すると、なんとカワニナが661匹!その他、ナベフタムシやガガンボ、ゲンゴロウなどが捕れました。

ホタルの幼虫はカワニナを餌として食べますが、今回そのカワニナがたくさん捕れました。次回は揖斐川町にある飛鳥川と大野町役場近くを流れる三水川に行き、五感と水生生物から水質を調べます。

昨年の「ヒトの五感を使った水質検査」の様子

昨年の「水生生物による水質調査」の様子

2021.08.02_2020hotarusuishitsu2.jpg

4本のペットボトルに入った水の違いを観察

2021.08.02_2020hotarusuishitsu3.jpg

水の様子を真剣に観察する子供たち

2021.08.02_2020hotarusuishitsu4.jpg

楽しく水生生物採集

2021.08.02_2020hotarusuishitsu5.jpg

661匹捕れたカワニナ

ホタルの里づくりプロジェクト記事

  • 「ホタル学習に感謝する会」に参加しました

    2021/03/01

    ホタルについて学んだことをグループごとに発表 2月25日、大野町立北小学校4年生に招待され、「ホタル学習に感謝する会」に参加しました。この1年間、ホタルを通し...

  • ホタルの放流を行いました

    2020/12/21

    気温がぐんと下がった11月25日、大野町立北小学校4年生の児童たちと今年最後となるホタルの授業を行いました。ホタルが生きていくためには、水だけでなく草木や空気...

  • 大野町ホタル野外ミュージアムで青空教室

    2020/12/01

    秋晴れの11月11日、大野町ホタル野外ミュージアムでホタルについての青空教室を行いました。前々回水質調査を行った飛鳥川ではホタルが自生しており、大野町ホタル野...

  • 水質まとめの授業を行いました

    2020/11/16

    木々が色付き始めた10月28日、五感を使った水質検査と水生生物の採集による水質調査のまとめの授業を行いました。まず、五感を使った水質検査の結果をまとめて水のキ...

  • 飛鳥川と三水川で水質を調べました

    2020/11/02

    少し肌寒くなってきた10月15日、朝8時30分に大野町立北小学校を出発し、揖斐川町にある飛鳥川と大野町役場近くの三水川に行き、前回学んだ五感を使った水質検査と...