2021/11/11

富有柿の収穫

2021.11.11_kaki_1.jpg

2021.11.11_kaki_2.jpg

大里研究所では2012年より、富有柿の産地で知られる大野町で、高齢化が進み休耕地となっていた柿畑を有効利用し地域のシニア世代の生きがいの場を作る目的で、ワイン用のブドウを化学的な肥料 農薬を使わないBIOで栽培しワイン造りを目指すPROJECT ORI WINEに取り組んでいます。
現在は10の畑にブドウが植えられ、今年も新たに畑の管理を依頼したいという話を頂きました。

しかし、「せっかくの甘くて美味しい富有柿の木々を全て無くしてしまうのは忍びない。『富有柿』というブランドを今後も維持していきたい」との思いで、今年は柿の木々を残し、これまで柿の栽培に携わってこられたシルバー人材センターの方々とも協力しながらBIOに近い形で柿を育ててきました。

秋も深まってきた11月、柿の実が徐々に色づき始め、楽しみにしていた収穫を行いました。
しっかり色づいた実を、傷が付かないよう注意を払いながら丁寧に収穫していった結果、合計で約650個を収穫。

昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高い柿。
収穫した柿は社員一同で分け合い、美味しく頂きました。
これから何回かに分けて収穫する予定です。

柿畑がある場所は濃尾平野が一望できる山の斜面中腹にあり、天気の良い日には名古屋駅前のビル群も見渡せます。
遠くの街並みと、紅葉が進む柿の木々を眺められるのはこの場所だからこそ。
ブドウ園から、秋の便りをお届けしました。

2021.11.11_kaki_3.jpg

収穫できる実を見極めながら一つ一つ収穫

2021.11.11_kaki_4.jpgたくさん収穫できました

2021.11.11_kaki_5.jpg完熟の柿

Project ORI Wine 記事

  • 富有柿の収穫

    2021/11/11

    大里研究所では2012年より、富有柿の産地で知られる大野町で、高齢化が進み休耕地となっていた柿畑を有効利用し地域のシニア世代の生きがいの場を作る目的で、ワイン...

  • 猿が教えてくれた収穫時期過去最多のピノ・ノワールとシャルドネを収穫!

    2021/08/26

    今年はお盆前から雨が続き、無事にブドウが収穫できるか危ぶまれましたが、お盆明けの8月16日、雨の合間を縫ってブドウの収穫を行うことができました。 富有柿の産地...

  • ブドウ園で野外授業を行いました

    2021/08/02

    5月28日、大野町立北小学校の6年生を対象にブドウ園で授業を行いました。大野町内での職業体験や、大野町の良いところを知ってもらうことで、地元で暮らすことに自信を...

  • ブドウの植え付けを行いました

    2021/04/09

    大里研究所が行う、「PROJECT ORI WINE」も、今年で9年目。 桜が満開の4月1日〜2日にかけて、約1500坪の土地に新たなブドウ苗の植え付けを行いま...

  • ブドウ園からの春の便り

    2021/04/01

    タンポポが満開のブドウ園 一生懸命蜜を集めるミツバチたち 大里研究所では、化学的に合成された肥料および農薬、除草剤などを使わず、BIOなワイン作りを目指してい...