2019/07/10

北小学校にて水生生物の授業を行いました

6月28日、大野町立北小学校にて、4年生34名を対象に水生生物の授業を行いました。

2019.0710hotaru8.jpg

6月19日に、大里研究所横の排水路で水のきれいさを調べる授業を行っており、前回の授業について尋ねると、みんな詳しく覚えている様子で嬉しく感じました。
子どもたちが五感で調査した前回の川の水の結果を集計し点数化したところ、100点満点中74点でした。
大里研究所で実施した水質検査(COD、BOD、SS、DO、pH)の結果・基準値と比較し、大きな差がなかったことも子どもたちに報告しました。

2019.0710hotaru2.jpg前回の調査結果を発表しました 2019.0710hotaru1.jpg住んでいる生き物から水のきれいさを調べます

川の中には様々な生き物が住んでいます。特に川底に住んでいる生き物は水質の状況を反映しています。
どんな生き物が住んでいるかを調べることで水質の程度を知ることができることを説明後、タモと長靴を持って、小学校南側の排水路に向かいました。川の水をペットボトルに入れて、見た目、匂い、油の浮きなどを調べ、調査票に点数を記入。作業が終わった子から、生き物の採集を行いました。

2019.0710hotaru7.jpg

水や虫を怖がる子どもはあまり見受けられません。川の中にはたくさんの生き物がおり、子どもたちが次々に「エビが採れた!」「変な生き物が採れた!」と言いながらタモを持ってきました。一生懸命生き物を採集した結果、スジエビをはじめ、ゲンゴロウやカワゲラなど多種多様な生き物が見つかり、豊かな自然が保たれていることを感じました。

2019.0710hotaru10.jpg北小学校南側の川へ向かいます 2019.0710hotaru9.jpg川の様子を用紙に記入します

採れた生き物を、「きれいな水」「ややきれいな水」「やや汚い水」「汚い水」の4つに、住む場所の水のきれいさごとに分け、どんな水に住む生き物が多いか子どもたちに見てもらいました。
今回の川では「ややきれいな水」に住む生き物が多く採集されたことから、結果として川の水が「ややきれい」であるということがわかりました。
カワニナも捕まっており、カワニナを食べて育つホタルにも住み良い川であることもわかりました。
授業の最後には子供たちから積極的に質問も飛び出し、有意義な授業になりました。

2019.0710hotaru6.jpgきれいな水に住む生き物 2019.0710hotaru5.jpgややきれいな水に住む生き物 2019.0710hotaru4.jpgやや汚い水に住む生き物

2019.0710hotaru3.jpg

当日は昼に急な雨が降り、実施が危ぶまれましたが、授業の時間には雨が止み、天候に恵まれました。
タモにてるてる坊主をつけて祈っていたという子もおり、子どもたちがとても楽しみにしてくれていた様子がうかがえました。

次回は飛鳥川と三水川の2つの川に行き、今回同様、水質と水生生物の調査を実施します。
次回も晴れますように!

ホタルの里づくりプロジェクト記事

  • 「ホタル学習に感謝する会」に参加しました

    2021/03/01

    ホタルについて学んだことをグループごとに発表 2月25日、大野町立北小学校4年生に招待され、「ホタル学習に感謝する会」に参加しました。この1年間、ホタルを通し...

  • ホタルの放流を行いました

    2020/12/21

    気温がぐんと下がった11月25日、大野町立北小学校4年生の児童たちと今年最後となるホタルの授業を行いました。ホタルが生きていくためには、水だけでなく草木や空気...

  • 大野町ホタル野外ミュージアムで青空教室

    2020/12/01

    秋晴れの11月11日、大野町ホタル野外ミュージアムでホタルについての青空教室を行いました。前々回水質調査を行った飛鳥川ではホタルが自生しており、大野町ホタル野...

  • 水質まとめの授業を行いました

    2020/11/16

    木々が色付き始めた10月28日、五感を使った水質検査と水生生物の採集による水質調査のまとめの授業を行いました。まず、五感を使った水質検査の結果をまとめて水のキ...

  • 飛鳥川と三水川で水質を調べました

    2020/11/02

    少し肌寒くなってきた10月15日、朝8時30分に大野町立北小学校を出発し、揖斐川町にある飛鳥川と大野町役場近くの三水川に行き、前回学んだ五感を使った水質検査と...